望海風斗 1st ALBUM「笑顔の場所」
2024.8.28[WED]RELEASE

RELEASE

“笑顔でリングに立つための10曲の武器”

2024年3月にリリースしたアンジェラ・アキからの提供曲「Breath」に加え、GRe4N BOYZが提供する「ミチシルベ」を収録。望海風斗がリスナーのセコンドとなり、人生というリングを笑顔の場所にする…そんな笑顔でリングに立つための武器となる10曲のJ-POPをコンパイル。武部聡志がプロデュースを手掛ける待望のメジャーファーストアルバム。

通常盤

CD only ※封入特典:イベント参加券(初回生産分のみ)
税込3,960円[PCCA.06314]

豪華盤

「笑顔の場所」豪華パッケージ仕様
CD+Blu-ray+Perfect Ring (32Pフォトブック)+アクリルスタンド(boxer version)
税込10,800円[BRCA.00148]
CD+DVD+Perfect Ring (32Pフォトブック)+アクリルスタンド(second version)
税込10,300円[BRCA.00149]
  • アクリルスタンド
    (boxer version)
  • アクリルスタンド
    (second version)
豪華盤は初回限定生産商品です。望海風斗オフィシャルストア及びポニーキャニオンショッピングクラブでの限定販売となりますので、お早めにご予約のうえお買い求めください。数量限定商品のため予定数に達し次第、発売日前でも販売終了となる場合がございます。 (全国CDショップ等での販売はございません)
受付期間 2024年6月26日(水)正午~2024年7月21日(日)23:59まで
〈望海風斗official fan club『nozomist』でのご購入について〉
望海風斗official fan club『nozomist』会員限定商品のため、ご購入には、
1.望海風斗official fan club『nozomist』(有料)
2.「AXELSTORE」会員登録(無料)
の会員登録が必要です。
また、商品のご購入は、1会員につき各1点のみです。

注意事項
※2024年7月22日(月)0:00以降はキャンセルできませんので、ご注意ください。
※お問い合わせ前に「AXELSTORE ご利用ガイド」をご確認ください。
※画像はイメージです。実際の商品とはデザイン・カラー・仕様などが若干異なる場合がございます。また、不良品以外の返品・交換はできませんので、予めご了承ください。
※「配達日指定」不可商品になります。
※予約商品など発送時期の異なる商品と同時購入された場合は、発送日が一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。

お届けについて
1回の発送につき、950円(税込)の送料がかかります。
※日本国内への配送のみとさせていただいております。
※沖縄県は2,020円(税込)となります。
※一部送料が異なる商品がございます。

受付期間 2024年6月26日(水)正午~予定数に達し次第販売終了
〈ポニーキャニオンショッピングクラブでのご購入について〉
ご購入に関する注意事項
お支払いはクレジットカード/コンビニエンスストア支払いにて承ります。
※コンビニ店頭での支払期限は、ポニーキャニオンショッピングクラブで購入手続日時の2日後23時59分までです。
※お客様のご都合によるご注文のキャンセル・個数変更・返品・交換のご希望はお受けすることができません。

お届けについて
ご注文1件につき、送料880円(税込)がかかります。
商品のお届けは発売日を予定しております。

※海外へのお届けはできません。
We do not have the rights to sell our products(CDs and videos)overseas. So we can not accept order from overseas.

お問い合わせ
お買い物方法でご不明な点は「ポニーキャニオンショッピングクラブご利用ガイド」をお読みください。
商品等でご不明な点は上記「ご利用ガイド」ページ内の「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。
お客さまのご注文状況は「マイページ」からご確認いただけます。
〈収録内容〉
CD
  • 01.ミチシルベ
    02.Breath
    03.明日晴れるかな
    04.人生の扉
    05.始まりのバラード
  • 06.月光
    07.田園
    08.翳りゆく部屋
    09.誕生
    10.Breath (smile version)
Blu-ray&DVD
  • Breath -Music Video-
    Breath -Music Video Making-
    ミチシルベ -Music Video-
  • ミチシルベ -Music Video Making-
    ミチシルベ -Recording Scene-
    笑顔の場所 -Jacket Shooting-
〈予約特典〉
通常盤の販売店舗別オリジナル特典
豪華盤のファンクラブ会員限定特典
  • ファンクラブ会員限定
    ポストカードセット(3枚組)
〈CD発売イベントの開催日決定〉
【日時】2024年10月19日(土) 14:00開始予定
【場所】東京都内イベントホール

通常盤の初回生産分に封入されている「イベント参加券」を会場にお持ちいただくと、望海風斗からプリントサイン入りアザージャケットカードをお渡しする“笑顔の特典会”にご参加いただけます。東京都内にて2024年10月19日(土)14時より開始予定です。開場時間、参加方法の詳細は後日発表させて頂きます。当日会場でのCD販売予定はございませんので、全国のCDショップやECサイトにてお早めにCDをご予約・ご購入ください。
〈ファンクラブ会員限定 プレミアムイベントの開催日決定〉
【日時】2024年10月19日(土) 11:00開始予定
【場所】東京都内イベントホール

望海風斗オフィシャルストアで豪華盤をご予約・ご購入いただいたファンクラブ会員の方の中から、400名様を抽選でCD発売記念のプレミアムサイン会にご招待します。東京都内にて2024年10月19日(土)11時より開始予定です。集合時間、参加方法の詳細はご当選メールにてご案内させて頂きます。ご購入(応募)枚数にかかわらず、お一人様ごとに一通にまとめて、2024年8月30日(金)に当落の抽選結果をメールにてお知らせします。

2024年7月21日(日)23時59分までに、望海風斗オフィシャルストアで豪華盤をご予約・ご購入いただいたファンクラブ会員様を対象に、プレミアムサイン会への応募フォームをメールにて後日お送りします。豪華盤は数量限定商品のため予定数に達し次第、販売終了となりますのでお早めにCDをご予約・ご購入ください。

MOVIE

「Breath」MUSIC VIDEO

NEWS

2024.07.16
望海風斗「笑顔の場所」オフィシャルインタビューを公開

望海風斗 オフィシャルインタビュー 「願わくば、皆様の人生の一部に」

――まずは1stアルバムにかける想いを伺えますか?
宝塚歌劇団在団中から、ファンの方々からカバーアルバムを出してほしいという声をいただいていましたが、自分の中では将来的に叶えたい漠然とした夢のひとつだと思っていたんです。それがこうして、思っていたよりずっと早いタイミングで実現されたのは、声を寄せてくれた皆さんが背中を押してくれたおかげ。本当にありがたいし、とても嬉しいです。

――プロデュースを手掛けた武部聡志さんとは、2022年におこなったご自身のソロコンサート『Look at Me』からのお付き合いだそうですね。
『Look at Me』で、音楽監督を務めていただいたのが最初の出会いでした。そこでご一緒したときに、ミュージカルの世界ともまた全然違う、武部さんの音楽に対するストイックさや突き詰め方に触れて、私自身すごく勉強になったんです。また、ジャンルは違っても音楽に違いはないんだと感じさせてくださった方でもありましたから、初めてのアルバムを武部さんにお願いすると言うのは、とても自然な流れだったと思います。

――カバーする楽曲はどのように選曲されたのでしょうか?
私の希望もありますが、武部さんや周りのスタッフさんなど、みんなで出し合った曲の中から、いくつか候補に挙がった歌を1回歌ってみて、それを武部さんに聴いていただきました。そこからさらに、アルバムのテーマや私の声質なども考慮しながら選んだ曲たちです。

――『笑顔の場所』というタイトルに込めた想い、アルバムのテーマについて伺わせてください。
聴いてくださる方の人生に寄り添えるようなアルバムになったらいいなと思っていました。人生って、前に進むばかりではなく、一回とことん落ち込まないと這い上がれないときもありますよね。ですから、励まして背中を強く押すような応援歌というより、人生の中でふと立ち止まったときに聴いて、それでもいいんだと思ってもらえるような曲を選ばせていただいています。聴いて、少し息をつけるような一枚になればと思っています。

――ボクシンググローブをつけてファイティングポーズをとっている、アルバムジャケットの写真が印象的です。
そうですね。そっと優しく寄り添うだけじゃなく、ときにはみんなの替わりに私が戦いますよ、という気持ちです(笑)。

――レコーディングの様子は、どんなでしたか?
最初の方は、オリジナルを歌われている方の印象が耳に残るものですから、どうしてもその方の歌い方をなぞってしまっていたんです。でも武部さんが、もっと自分らしくエモーショナルに歌っていいんじゃないかというアドバイスと共に、私の中でがんじがらめになっていたものを、いろいろな言葉で少しずつ解きほぐしてくださいました。収録した歌に、さらに武部さんが様々なアレンジを加えてくださっていますが、そのたびに曲がどんどんドラマ性を増していく過程は、私にはまるで魔法のようで、とても楽しい経験でした。

――それぞれの曲についても伺わせてください。まずは玉置浩二さんの「田園」です。
『Look at Me』でも歌わせていただいた大好きな曲です。宝塚を退団する最後の『fff -フォルティッシッシモ-』(2021年)という公演で、私はベートーヴェンを演じたのですが、その前年がベートーヴェン・イヤーで、年末の『紅白歌合戦』で玉置さんの「田園」にベートーヴェンの「田園」の旋律を組み込み、オーケストラをバックに玉置さんが歌うという演出がありました。私はそれをテレビで拝見していたのですが、玉置さんが歌唱した瞬間、感動で涙が止まらなくなってしまったんです。今回、ステージで歌うのとはまた違う「田園」が歌えたらいいなという想いで選曲しました。

――アンジェラ・アキさん「始まりのバラード」
これも退団後初めてのコンサート『SPERO』で歌わせていただいた曲で、歌番組(NHK『うたコン』)でも歌わせていただきました。私自身、コロナ禍のときにとても勇気をもらった曲でしたので、絶対に入れたいと思っていました。今回は少しアレンジを変えて、武部さんのピアノ1本で歌わせていただいています。歌っている間、武部さんのピアノが寄り添ってくれるような感覚があり、レコーディングしている感覚じゃなく歌えた1曲でした。

――荒井由実さんの「翳りゆく部屋」
これは武部さんからご提案いただいたのですが、聴いた瞬間から虜になり、ぜひ歌いたいと思いました。メロディも言葉もとても素敵なのはもちろんですが、これを聴いたときに空っぽの部屋の景色が思い浮かんだんです。ならば、私が歌ったときに広がる景色はどんなものなのだろうと興味が湧きましたし、これを聴いてくださる方々の人生のどこかに寄り添ってくれる曲になるのではとも思いました。

――竹内まりやさんの「人生の扉」
選曲をしているときに、竹内まりやさんの曲が合うのではという提案をいただき、模索していく中で、すごく歌いたいと思ったのがこの曲でした。これまでも耳にしていた曲ではありますが、歳を重ねて、より自分の心に響いたんですね。とても前向きな曲で、アルバムのコンセプトにとても合っていますし、歌っていてとても気持ちが良かったです。

――中島みゆきさんの「誕生」
以前よりファンの方から歌ってほしいという声があり、いつか歌える機会があればと思っていた曲でした。今回のアルバムの制作を進めていく中であらためて曲を聴いたのですが、あらゆる人へ生まれてきてくれてありがとうと歌うこの歌詞に、とても胸を打たれました。この歌詞を自分なりにいろいろと考え歌わせていただいたのですが、歌えば歌うほどたくさんの人の顔が浮かび、人間同士の関わり合いの奇跡や儚さ、尊さ…いろいろな想いが溢れた曲でした。

――桑田佳祐さんの「明日晴れるかな」
アルバム全体を通したときに、ちょっと明るくて心が軽くなるような曲も入れたいと思って選んだのがこの曲でした。昨年11月に開催したビルボードライブでの『MY HOME TOWN』というコンサートでサザンオールスターズの「いとしのエリー」を歌わせていただいたときに、桑田さんのお作りになられる曲って、とても届ける人が目に浮かびやすいんだなと感じたんです。膨大な曲の中でもこれはとくにシンプルでいながら桑田さんの魅力が詰まっていて、歌っていて私も気持ちが晴れやかになった曲でした。

――鬼束ちひろさんの「月光」
これも『SPERO』で歌わせていただいていますが、そのときにお客様がとても喜んでくださいましたし、私自身、歌いながら曲の世界観にどんどん惹き込まれていくような感覚があったので、今回ぜひ入れたいと思いました。レコーディングの際に武部さんが、森の中にひとりポツンといる中で歌い出すような雰囲気で歌ってはと提案してくださり、そこからイメージを膨らませていきました。

――そして今回のアルバムでは、新たにGRe4N BOYZさんが「ミチシルベ」という曲を書き下ろしてくださっています。
GRe4N BOYZさんにというのは武部さんからのご提案だったのですが、優しさだったり前向きさだったりを感じさせてくれる曲が多く、私自身も以前から聴いていましたから、本当に書き下ろしてくださるとなったときはとても嬉しかったです。打ち合わせはオンラインでしたが、そのときにお伝えしたのは、聴いてくださる方々が、それぞれの社会という人生のステージに立ったときに、曲がちょっとでも一歩を踏み出す後押しになってくれたらということでした。いただいた曲は、とてもカッコよくて聴いた瞬間からぜひ歌いたい!…と。ただ、実際に歌ってみたらすごく難しかったです(苦笑)。GRe4N BOYZさんの音楽独特の言葉の運びだったりグルーヴ感がなかなか自分のものにならなくて、特訓の日々。でもそういうものに挑戦させてもらえたことは、自分にとって大きな経験になりましたし、歌っていてもとても幸せでした。

――そして3月にリリースされたアンジェラ・アキさん書き下ろしの『Breath』も収録されています。あらためてこの曲に込めた想いを伺えますか?
大人になればなるほど、生きていくって簡単なことじゃないなと思います。SNSが普及して便利になった一方、そこに囚われてしまい、振り回されたり苦しむ人もいたり。そんな世の中に対して息苦しさを感じている人に向けて、立ち止まってちゃんと息をして明日を迎えてほしいなという想いを込めて、アンジェラさんに作っていただきました。みなさんにとって、この曲が自分自身に還れるきっかけになったらいいなと思っていましたが、今年の春におこなったコンサート『Hello,』で歌わせていただくうちに、自分にとってもホームのような、すごく安心できる曲になっていった気がしています。ここからまた多くの方に聴いていただき、育ってくれたらいいなと思います。

――アルバムには、今回新たに収録されたピアノヴァージョンの『Breath』も収録されています。
よりシンプルな中で、あらためてこのメロディと歌詞に向き合い、感じる機会をいただきました。原曲の方も、アンジェラさんがコーラスで参加してくださっている豪華版で大好きなのですが、こちらはシンプルなぶん、歌っていてより自分自身に還れるような気がしましたので、皆さんにお届けできるのがとても嬉しいし楽しみです。

――普段はミュージカルの舞台で、役を通して歌と向き合っていらっしゃいますが、今回、望海風斗として歌と真正面から向き合われてみて、なにか違いを感じる部分はありましたか? 舞台では、何度も役を演じる中で歌が育っていく感覚があるのですが、アルバムは皆様にお届したものが完成で、そこから変わらないというのが大きな違いでしょうか。ただ、曲は変わらないけれど、聴いてくださる方々の中でいろいろな形に膨ませていただくことができる。自分が大切に大切に作ってきたものが、皆さんのもとに届き、聴いていただける。それがこんなに嬉しいことなんだと今実感しているところです。
歌唱という側面で違いというと、いわゆる王道のミュージカルって、オーケストラサウンドにのせたメロディ重視の歌唱だと思うのですが、ポップスで大事なのはグルーヴなんだなと感じています。

――ポップスのグルーヴを経験されて、舞台に生かされる部分もあるんでしょうか。
このアルバムのレコーディングをしている間に今年の『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』の稽古、本番が始まったのですが、去年とは歌っていて楽しさが全然違います。『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』は、さまざまなポピュラーミュージックのヒット曲を散りばめたミュージカルなのですが、去年やらせていただいたときは、グルーヴと言われても完全には理解できずにいたんです。役として歌詞…セリフや想いを伝えたい気持ちが強くなってしまって、どうしてもリズムから外れてしまい、声でなんとかしようとしていたところがありました。でも今年は、スムーズに想いがメロディに乗せられていますし、何より楽に歌えているんです。ミュージカルとポップス、ふたつ合わせることでできる表現がこんなに広がるんだというのは、自分にとっては大きな発見でした。ただ、きちんと意識していないとどちらかに偏ってしまうので、そのバランスを取るのが難しいんですけれど。

――これから歌手としての活動も増えていくんでしょうか。
自分としては、ふたつのことをやっているという意識はないんです。舞台も歌も、自分の表現というひとつのものへと繋がっていくというか。先ほどの『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』の話もそうですが、お互いが影響し合い新しい表現が見つかることもありますから、これからもいろいろな楽曲、いろいろな作品に出会っていきたいなと思っています。

――あらためて、アルバムを通じて望海さんの歌と出会う方々に向けて、メッセージをいただけますか?
今の時代、さまざまなツールを通じてあらゆる音楽が聴けるわけで、その中で私のアルバムを聴いてくださる方には、本当に感謝しかありません。手にとってくださった方が笑顔になれるよう、みんなで最善を尽くして作り上げた1枚ですので、ぜひ何度も聴いていただけたらと思いますし、願わくば、皆様の人生の一部になってくれたら嬉しいです。

文:望月リサ